となりの読書会。

となりの読書会。

「読書を人と楽しめる人は、自分と人を大切にできる人」  読書を人と楽しめる人を増やすために 人と共有する読書の楽しさや、読書会主催、運営のヒントをお届けします。簡単手作りおもちゃも紹介してます。本が好きな人、読書会やってみたい人、子育て中の人、ぜひ遊びに来てくださいね。

本の紹介

旅行に必携。子どもがわくわくしちゃう「ビンゴしおり」

親戚の集いなど、 子どもが退屈しがちな旅行でも楽しんでもらいたい。 何もない場所でのキャンプでも いろんなこと発見をして、楽しんでもらいたい。 そんなときには、 子どもたちがわくわく楽しめちゃう 「ビンゴしおり」 を持っていきましょう♪ こちらがそ…

おゝ宝塚ー♪ 細川貂々さんの「タカラヅカが好きすぎて。」

今日は、麗しの町、宝塚に行ってきました♪ 宝塚歌劇の大劇場があるあの宝塚です(*´▽`*) 今年の7月、 読書普及協会の総会が宝塚であります。 総会後は、「風よ 僕らに海の歌を」のモデルとなった 日本最古と言われる宝塚のイタリアンレストランでランチしな…

折り紙でぐりとぐら

折り紙で作った ぐりとぐらの、貸出案内できました(*´▽`*) 簡単だけど ちゃんとぐりとぐらにみえる。 すごい! ぼくらのなまえは ぐりとぐら (福音館の単行本) 作者: 福音館書店母の友編集部 出版社/メーカー: 福音館書店 発売日: 2001/10/25 メディア: …

第40回ほっこり読書会開催レポート

2/26(月)第40回ほっこり読書会を開催しました。 ついに、40回! スタート時は案内できる人数が7人でしたが 今は40人近くに案内して 入れ替わり、立ち代わり、いろんな人に支えてもらってやってこれました。 本当にありがたいことです。 今回の参加者の一人は…

子ども読書会『ほんのとびら』という場所

2/26(月)午前中は、大人向けのほっこり読書会をして 午後からは、第8回こどもどくしょかい『ほんのとびら』を開催しました。 3時半前になると集まり始める子どもたち。 うちに来るなり、たくさん話をしてくれる。 「私こないだノリ買ったでしょ」 「ノリ、買…

キャッチコピー公募賞「宣伝会議賞」一次審査通過しました!

キャッチコピー、CMの公募賞「宣伝会議賞」に 初挑戦(*´▽`*) キャッチコピーとCMあわせて84件応募しました。 昨日、雑誌「宣伝会議」で一次審査通過者名を確認してみました。 応募総数45万8944点 一次審査通過数5336点。 一次審査通過率1.1% どうか、通って…

自分探しの旅に出るのは、お待ちください!

「自分は何がしたいんだろう」 職場と家の往復だけで 趣味も何もない。 毎日がマンネリでつまらない。 自分のことなのによくわからない。 こういうときに、自分探しをするのか? 自分探しってなんだ? 旅に出ればいいのか? そんな人におすすめしたいのが こ…

ダメな自分に落ち込む時、この本、効きます。

「何をやってもうまくいかない」 「自分ってほんとダメだなぁ」 失敗したり、人から叱責されたりして そんな風に気持ちが落ち込んでしまうことはありませんか。 私は、うまくいってるときは ぐんぐん気持ちが盛り上がって 自分のいいところもちゃんとわかる…

斬新なアイデアを生み出すには

アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない と言ったは、ジェームス・W・ヤング。 読書、テレビ、誰かのブログ、自分の趣味などから得た 誰もが知る情報であっても 掛け合わせの妙で、「そうきたか!」と思われるような 斬新なアイデア…

新年新たな趣味に―図書館でタイムスリップ

新年になって、 「なんか趣味とか見つけたいなぁ」 という方に マニアックかつ 簡単で、意外と面白い 私の趣味をご紹介。 それは、 図書館の参考室でタイムスリップすること。 あー!まってー! やばい人だと思って閉じないでー! タイムスリップの方法は簡…

大好きすぎて、紹介できなかった本たちー年末年始の読書にいかがですか?

大好きな本ほど、 なかなか紹介できないものだ。 そういって、ずっと紹介できずにきた 大好きな本たちが 「早く紹介しろ!」 「おせーよ!」 「ほんとに大好きなんだろうな!」 と、デモを起こし始めた。 このままじゃまずい。 これじゃあ、ゆっくり新年を迎…

2018年の夢の地図 作ってみませんか?

10年ほど前にNLPの単発講座を受けました。 そのときに作ったのが、夢の地図でした。 自分のやりたいことや、なりたい姿をイメージした 写真やイラストを1枚の画用紙に切りはりして 1年の夢の地図を作ります。 作るのも、見るのも楽しい夢の地図 毎年年末に新…

年末になると読みたくなる絵本「くまのこのとしこし」

クリスマスの絵本はたくさんでてるけど そういえば、お正月の絵本ってあるのかな。 歳時記とかだと、門松のこととかも 説明がついてるけど もっと簡単に、子どもでも正月のあれやこれやが わかりやすい本はないかなと 思っていた時に、 絵本やさんが紹介して…

本を紹介するときの葛藤

4年間の読書会で重複含め159冊紹介してきました。 本を読んだ直後ならかろうじて紹介する部分も覚えていられる。 しかし、以前に読んだ本となると「めっちゃよかった」ということしか言えない。 良かった感覚は残っているが内容が全然頭に残っていない。 読…

クリスマス会で大盛り上がり♪ー子ども読書会『ほんのとびら』

12/22(金)、ほんのとびらの、クリスマス会を開きました。 今回の参加者は小1の女の子9人と 3歳1人の10名。 うちに来るなり みんなプレゼントを出して 「ねぇ、これいつ渡すの?」 「私のいいの入ってるよ♪」 「私だっていいの入ってるよ!」 と、みんな早く…

こども読書会『ほんのとびら』、クリスマスプレゼント大公開♪

こども読書会『ほんのとびら』クリスマス会は 12/22に開催予定。 プログラムは、まだあまり決まってませんが クリスマスプレゼントができたので 子どもたちには内緒で、大公開♪ でーでん! わー(*´▽`*) えー、かんじ♪ まずは、こちらのしおり。 はてなブロ…

読んだら疲れる本。

くはぁ!! おもしろかったー!! 年に1度全校生徒が夜を徹して 80キロを歩き通す『歩行祭』。 高校最後の歩行祭での 大人のような、子どものような 高校生たちの想いがすごくいい。 あぁ、青春したい! 高校の時、耐寒行事で 山道10キロ歩行でも嫌だったの…

「言葉」で風景を「見る」

兵庫県伊丹市、JR伊丹駅のすぐそばに 『BOOKLAND FRIENDS(ブックランドフレンズ)』 という小さな街の本屋さんがある。 私に、読書会の楽しさを教えてくれたお店だ。 本は今や、Amazonでも、大型書店でもどこでも買える。 地域によって売ってるものの差があ…

小さな子がいても、安心。LEDキャンドルで、クリスマス。

こどもどくしょかい「ほんのとびら」クリスマス会の 読み聞かせ用にLEDキャンドル買いました。 ゆらぎも、見た目も、右端100均のより 断然いい(*´▽`*) 光量が若干足りないけど、 近づいてやったらいけるかな。 クリスマス絵本「ゆきうさぎのねがいごと」…

「なるほど!うまい!」のスカッと感を味わう本。

「なるほど!うまい!」って思う時 どうしてこう、スカッとするんでしょうね。 産経新聞社が毎年開催している 「創作漢字コンテスト」 の、1~4回目の全入賞作がクイズ形式で載ってる本です。 「門」の中に「父」と書いて 何か、わかりますか。 正解は、 「…

語彙を増やす国語辞典しりとり。大人一人で遊ぶ の巻。

何かの本に 「子どもとしりとりをするときに 子どもだけは、国語辞典を見ていいルールにすると 語彙力が伸びる」 と書いてあった。 負けず嫌いの娘も これなら続けられるので 喜々として国語辞典をめくっていた。 いいアイデアだなぁ。 これ、大人もやったら…

大人も読みたい おしゃれなクリスマス絵本3冊 

プレゼントにもおすすめ♪ 大人もクリスマスになると 読みたくなるおしゃれな絵本を3冊選んでみました。 絵本好きの彼女とかは、こんな絵本をプレゼントにもらえるとうれしいかも♪ 最初の2冊は、谷口智則さんの絵本。 フランスや、イタリアの出版社から絵本を…

これ、100ぺんくらい読みたいわ!

「これ、100ぺんくらい読みたいわ!」 1回読むなり、2年生の男の子はそういった。 いかたこようちえんで、きつねが 「ばけますよ ばけますよ ようちえんがばけますよ」 と、唱えると 園舎が魚になり、園児も先生も魚になる。 何度も呪文を唱えて 今度はおば…

雨の日も、外で遊ぼう

18歳から、6年間地元の小学生たちとキャンプやスキーに行く野外活動のボランティアをしていた。 何度も打合せを重ね、キャンプ2泊3日分のプログラムを考える。 晴れの日なら、ワクワクするプログラムを考えられる。 みんな頭を悩ませるのは、雨の日のプログ…

定規いらずで、かんたんリメイク♪『絵本カバーエコバッグ』の作り方

今回は、定規いらずで、かんたんにリメイクできる 『絵本カバーエコバッグ』の作り方をお伝えします。 絵本カバーエコバッグの作り方はネットでいろいろでてきますが 「ここが2センチで・・・」とか 計って線書くのが、面倒。 (極度のめんどくさがりなもん…

子ども読書会ほんのとびら、開催レポート♪

子どもたちが安心して話せる場所。 友達との関わりや、いろんな本との出会いを楽しんでもらえる場所。 それが、「こどもどくしょかい『ほんのとびら』」だ。 月に1度平日15:30~17:00、小1の娘の友達を対象に 自宅で開催している。 昨日、第6回ほんのとび…

着眼点がちがう。

「おかあさん図書館で読書会はじめよかなー。どうしよっかなー」 と、つぶやいてると当時5歳の娘に言われた。 「いいやん、いいやん。やりやりー。やったら『あの子、子どもいるのにえらいねー』って、みんないってくれるで!」 (笑) 毎日毎日、子どもにこ…

今日も、見ないふり。

「部屋が散らかってしまう人は 物の住所を決めましょう」 たしかに、住所のないものは その辺に転がっている。 が、しかし、 住所があるものも またしかり・・・。 やったら、やりっぱなし。 ぬいだら、ぬぎっぱなし。 子どもの話ではありません。 だんな の…

ある本たちの記念撮影。

「本棚を見られるのは、裸を見られるようで恥ずかしい」 という人がいる。 私は普段から、人に本棚を見てもらって 本を貸出している。 私がしているのは・・・ まさか!!! 痴女行為!????( ゚Д゚) トレンチコート、ばっ!! みたいな。 でも、喜んでもら…

読み聞かせって、抑揚つけないほうがいいの?

そのおじさんは、話しを始める前に、ハーモニカを取り出した。片方の鼻の穴を指で塞ぐとハーモニカを鼻でふき出した。しかも、めちゃくちゃうまい!! その愉快なおじさんは絵本作家、岡田よしたかさん。 「ちくわのわーさん」 を描いた作家さんだ。 小さな…