となりの読書会。

となりの読書会。

「読書を人と楽しめる人は、自分と人を大切にできる人」  読書を人と楽しめる人を増やすために 人と共有する読書の楽しさや、読書会主催、運営のヒントをお届けします。簡単手作りおもちゃも紹介してます。本が好きな人、読書会やってみたい人、子育て中の人、ぜひ遊びに来てくださいね。

第36回 ほっこり読書会レポート

201711121351400f1.jpg

ほっこり読書会は

 

月に1度、平日10時~12時

参加費無料

子連れ参加OK

女性のみ対象 

の自宅で開催している読書会です。

 

参加者が持ってきてくださった

紅茶と、お菓子をいただきながら

持ち寄った本の紹介をしています。

 

 

10/25のほっこり読書会には

60代の人ひとりと

30代のママ5人(うち子連れ4人)が

参加してくれました。

 

最初は、自己紹介と、近況紹介。

 

60代の人の近況紹介で出てきた

「アジャパー!!」

と、いう言葉。

さらりと使いこなしているのは

初めて聞きました。

「アジャパ―!!」

なんかいいなぁ(笑)

 

自己紹介のあとは

順番に、持ってきた本の紹介タイム。

 

Aさんが紹介していた「幽霊人命救助隊」にも、「アジャパー!!」が出てくるらしい。

まさか、1日に2回も「アジャパー!!」に出会えるなんて(*´▽`*)

自殺した幽霊たちが、

自殺しようとする人たちを救うというこの本

おもしろそうでした。

 

36回やってきて初めての

ナミヤ雑貨店の奇蹟

での紹介本かぶり。

こんな偶然もあるのね(*´▽`*)

 

子ども自身が漫画で読む

いい習慣付けの本もあり、

こんなジャンルの本もあるんだなぁと

初めての出会いでした。

親がガミガミいうより

子ども自身にすっとはいるそうです。

 

食育に力を入れてるお母さんの

食育談義に

「へぇー!とりあえず

豚肉食べさせるようにするわ!」

「もうちょっとちゃんとしたもん

作らなあかんなぁ」

と、いろいろ会話も弾みました。

 

他にも

写真集、英語の絵の綺麗な絵本

児童書など

幅広い紹介があって楽しかったです(*´▽`*)

 

紹介が終わったら

本の写真をパチリ。

 

12時までおしゃべりしたり

うちの本棚「こぢんまり文庫」から

借りていく本を選んだりしてもらって

解散です。

 

月に一度、心から楽しめる

贅沢な時間です。