となりの読書会。

となりの読書会。

読書会っておもしろい♪ ママ向け、子ども向け読書会の記録と 子どもとの遊びネタ、おもしろい本の話などを書いてます。 子育て中でも自分の時間を大切にしたいママ、 読書が好きな人、ぜひのぞいていってくださいね。

前半:読書会開始~自己紹介・近況紹介までの具体的な流れ

f:id:tonarinodokushokai:20171202020226p:plain

今回は読書会の前半部分、

読書会開始~自己紹介・近況紹介までの

具体的な流れを書きます。

 

10:00 

・ぽつぽつ人が集まり始まる。

・10:15頃まで人を待ちながら雑談タイム

 

10時開始ですが、10時にはまだ1人、2人しか来ていません。

誰も来てないときもあります(笑)

 

読書会は人がいてなんぼの会なので

先に始めたりせず

人がそろいはじめるのを待ちます。

 

初対面の人が緊張してる感じだったりすると

「幼稚園のママ友の〇〇さんです」

「小学校のママ友の〇〇さんです」

とちょっと紹介することもありますが、

本棚の本見てもらったり、雑談したりしながら

自由に過ごしてもらってます。

初めての人がいるときは

「10時からやのに、始まらずごめんね。

最初は、人そろうのまちながら

雑談したりしてるから、ゆっくりしててね」と

声をかけてます。

 

最初から人がある程度揃ってる場合、

知らない参加者ばかりの場合は

10時にきちんと開会のあいさつをしてから

人待ちの雑談タイムが必要であれば

時間を取るようにするといいと思います。

 

参加費がかかる場合は、最初にしておかないと忘れてしまうことがあるので

来た人から受け取ったり、小瓶等にいれてもらうといいと思います。

 

10:15~

・人が大方そろったところで

 開会のあいさつ

 

テーブルを囲んで座り

「おはようございます。第〇回ほっこり読書会を始めます。

おかげさまで、第〇回までやってこれました。

いつもありがとうございます」

と挨拶をします。

しゃべるのが上手な人なら、ここで和ませる会話の一つもできるんでしょうが

私は、挨拶の小ネタとか苦手なので

簡単に挨拶したら、さっと次にいってます。

 

・自己紹介・近況紹介タイム

顔見知り同士だったり

必要ないからと、自己紹介・近況紹介をしない読書会もあります。

 

私は自己紹介・近況紹介は必須派です。

同じ場で楽しむ人たちの名前くらい知っていたい。

名前を知っていれば

「〇〇さんが紹介してたあの本」と

本のことや、話したことが印象に残りますし

仲良くもなれます。

 

「自己紹介をしてください」

だけだと、

「〇〇です。〇市からきました。会社員です。よろしくお願いします」

など、簡単な紹介で終わってしまいます。

 

ぜひ、することをおすすめしたいのが

「近況紹介」です。

「自己紹介と、近況紹介・・・最近あったうれしかったこと、たのしかったこととか

はまってることとかを教えてください」

というと、なんかあったかなぁと考えながら

みなさんいろんなエピソードを語ってくれます。

近況を聞くと、その人の人となりがわかって

読書会の楽しさがより深まります。

 

ママ友だと、普段は子どもの話が多くて

趣味の話をすることが、なかなかない場合もあります。

 

「そんなことする人やったんや」

と、意外な一面に驚いたりして

会話も盛り上がります。

 

近況紹介をすると

会話がしやすくなり

場の雰囲気が和みます。

 

本の紹介の前にぜひやってみてください。

 

続きはこちら↓

tonarinodokushokai.hatenablog.com